シゴトハック研究所:仕事のレパートリーを広げるには?【解決編】 - ITmedia エンタープライズ
ここの記事を読んでて、可能性を狭めてるかも?と思った。

つまり、手間を掛けることをタブー視するようになり、クールでスマートな方法でやらなければ気が済まない、そのような方法でなければ、やる気が起きない、という“仕事潔癖症”とでもいうべき症状を引き起こしうるのです。

はい、すいません・・・
ちょっとしたことになかなか決断できなくて時間を無駄にしている。
特に曲作るときなんかは、ファイル名どうしよう?から始まる・・・。これはやる気殺ぐな。何かルール決めようかなぁ。どんな感じにすればいいだろ(・ω・)

「レパートリーを広げる」ことは行動の幅を広げることであって、知識の量を増やすことではない

知識があっても行動しなければ意味がない。知識者は貴重な人だけど行動を成果と取られる社会人は知識者ではなく知恵者にならなければならない。手段ではなく結果こそに意味がある。


そのときできることでうまくやる。それが職人。
ゴルゴ13の仕事術―究極のビジネスマン (祥伝社黄金文庫)

ゴルゴは仕事の道具を自分流に改造する。でもバカは使えもしない新商品に飛びつく

うわっ、耳イタッ
この本もそのうち買ってみようと思う。