本を読むのが遅い人は、最初から1文字から読み始める。

 

 

本を読むのが早い人は、

 

全体をパラパラと見通して全体を把握してから読み始める。

 

 

 

ここが分かれ目となる。

 

 

 

本を読む時から勝負は決まっていた。

 

 

読書術2

 

 

 

でもパラパラ読みすると、

 

どうして早く読めるのか?

 

 

それは

 

 

 

1。全体を把握する

 

2。本を読む目的を設定する

 

3。「速読」か「精読」かを決める

 

 

これは本を読み始める前に

 

ゴールと行く方法を決めるということ。

 

 

パラパラ読みしないで読書を始めるということは

 

例えば

 

目的地も決めず、行く方法(鉄道か?車か?)も決めず

 

いきなり家を出てお出かけするようなもの。

 

そんなことしたら、どこへ行っていいかわからない。

 

何をしていいのか?わからない。

 

 

 

例えば

 

「京都へ行く」と決めたら

 

京都へはどうやって行くのかを調べる。

 

 

 

読書も同じこと。

 

どういった目的でその本を読むのか?

 

それを決めずにいきなり読み始めたら

 

すぐに行き詰まるだろう。

 

 

これは目から鱗だわ。

 

 

早速そのパラパラ読みを試さないとね。